ツインテール

TERA The Exiled Realm of Arborea のブログです

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クローズドβテスト日程発表

いやはや、ネタがないのとちょっと就職関係で忙しいのとで更新滞ってしまいました。
と言い訳をしてみる(´・ω・`)

すみません(´・ω:;.:...

でもやっと、5/13に放送されたTERAチャンネルで重大発表と題して色々情報が出たようなので、
こちらでも簡単にまとめてみます。

・関西圏でのTERA DAY開催
・課金形態の決定
・クローズドβテスト日程発表

関西圏でのTERA DAYの参加者はTERA LEADERに限らず一般募集されるようですね。

課金形態は多くの人の期待通り、月額課金制に決定。

そしてクローズドβ、これは7/1~7/4の4日間と発表されました。
詳細はデベロッパーブログに掲載されています。
デベロッパーブログ

TERA LEADERは自動的に当選扱いとなるようで、個人的には嬉しい限りです。
加えてTERA公式BBSのBBSポイント上位500人にも参加権が与えられるということなので、
意識的にBBSへ書き込みを行えば、完全な抽選よりは参加できる可能性が高い…と言えるでしょう。



実は先日のTERAチャンネル、仕事中で見れなかったので、重大発表についてもそれほど詳しくは知らないのです。
LEADERなのに申し訳ないorz
時間ができ次第アーカイブを見てみます。



数年待ち続けたTERAもようやくクローズドβか!
とTERA LEADERをはじめ多くのネトゲーマー達が喜んでいるわけですが…
MMORPG初心者の方はクローズドβと言われてもピンとこないかもしれませんね。

   というわけで、解説します。

まずMMORPGをはじめとしたほとんどのオンラインゲームは、
クローズドβテスト、オープンβテストを経て初めて正式サービス開始となります。
その前にαテストもあるのですが、一般のユーザーが参加することは滅多にないため割愛します。

クローズドβの特徴
・期間が短い
・参加できる人数が限られている
・作成したキャラクターや所持アイテムなどはテスト後すべて破棄される
・後に課金アイテムとなるものも無料で試せる

オープンβの特徴
・誰でも参加できる
・作成したキャラクターやアイテムは正式サービス後もすべて引き継がれる
・後に月額課金制となるゲームでもテスト期間中は無料
・アイテム課金制の場合、テスト期間中は入金や購入ができない

正式サービスの特徴
・誰でも参加できる
・それぞれの課金制度が実装される

こんな感じですかね。
もちろん例外もあります。
最近はオープンβ期間からアイテム課金が始まるオンラインゲームも結構あります。
なのでオープンβと正式サービスは一般ユーザーからしたら大した違いはありません。

基本的な遊び方としては、
まずクローズドβでマップやモンスターの配置、
クエストを持っているNPCの位置、種族・職業ごと使用感などをしっかり把握。
オープンβ開始と同時にひとつのキャラクターに絞り、
クローズドβで把握したマップを思い出しながら効率良くクエストなどを消化し、
一気に上限レベルまで上げてしまう。
これが俗にスタートダッシュと言われる方法です。

そのため、オープンβ開始後数日間は狩場が非常に混雑し、
モンスターが全くいなくなる、いわゆる「枯れた」状態になることがとても多いです。

モンスターがいなくてクエストをなかなか進められない!という状況はかなりのストレスになります。
初心者の方はオープンβ開始後一週間ほど経ってから始めるか、
ゆったりした気持ちでプレイすることをオススメします。

今回日程が決まったクローズドβに関しては、特徴にも書いたとおり参加人数が制限されています。
そのためオープンβよりは初心者でも快適にプレイできるかと思います。
「初心者で不安だけどTERAに興味がある」という方、まずはクローズドβに応募してみましょう!
スポンサーサイト

| 情報 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TERA DAYレポ その3

ほんと更新遅くてすみません(´Д`)
TERA DAYから何日経ってんだって感じですよね。

さて、TERA DAYレポ最終回です。

【PTプレイ】
今回の体験会では、既に作成されたキャラクターを使用して行いました。
まずレベル10、チュートリアルエリアの最終ボスです。

1_20110309003911.jpg

…ボスのSS撮り忘れた/(^o^)\

2_20110309003910.jpg

まぁ、ここのボスはティザーサイトのムービーなんかにも出てると思うので… ゴメンナサイ

既に作成されているキャラを使用するので、種族は選べないに等しいです。
ただPCごとにクラスと種族の組み合わせはバラバラのようで、私の使用していたPCではプリーストがエリーンでした。
なので他のPTメンバーさんに頼んで回復役をやらせてもらうことに()

レベル10のPTプレイは大して難しくなかったです。
ただやっぱりこのゲーム、回復職は大変そうですよ。
仲間を回復するためにもやはりエイム(中央の照準)で仲間を狙って指定しないといけないので、動きまわらないといけません。
従来のようにヒーラーが後ろにドンと構えて立ってるだけ、PTのHPゲージを見ながら減ったらクリッククリック…なんて簡単な作業ではありません。
味方がモンスターの奥にまわってしまえば回復は届かないので自分も奥に回らないといけませんし、タンク役はモンスターの正面・近接攻撃職はモンスターの背面に位置取るのがセオリーなので、回復役はあっちに行ったりこっちに行ったり…
おまけにボスともなると範囲攻撃もあるので、それも当たらないようにしなければなりません。
ただ幸いだったのは、プリーストの場合、ターゲットしたキャラのすぐそばにいるキャラもまとめて回復できるという点。
つまり基本的に範囲回復なのです。
なので結構アバウトにターゲットしてもしっかり回復できました。



次にキャラを変更して、今度はレベル25のPT用モンスター。
TERA DAY前日のTERA CHANNELでも出てましたね。

4_20110309003910.jpg

3_20110309003910.jpg

クーマス、というモンスターです。
このときは、モンスターの強さもさることながら、一気にレベルの高いキャラを操作することになってスキルが多すぎて、把握しきれない状態で始まってしまったことがネックになり、少し苦戦しました。
おまけに今度はエレメンタリスト。
エレメンタリストの回復は基本的に単体回復です。
プリーストのときはアバウトでよかったものが、より正確にターゲットしなければあっという間にPTの危機が迫ってしまうという難しさ。
例えば体力の減ったタンカーと体力が満タンの近接攻撃職がほぼ重なって位置している場合、ちゃんと狙わないと体力が満タンのキャラクターを回復してしまって、スキル再使用が可能になる前にタンカーが死んでしまうこともあります。

加えて、「回復玉」を精製し、地面に置いておく回復スキルが主になります。
これは本当に置いておくことしかできないため、体力の減った前衛職が自分で取りに来なければなりません。
つまり手の離せないタンカーに単体回復を使い、あいた時間にせっせと回復玉を置いて、近接攻撃職には自分で取りに来てもらう、といった形が基本になると思われます。

回復役がプリーストなのかエレメンタリストなのかでPT全体の立ち回りが大きく変わる上、回復役も走りまわらなければならない、良く言えば誰も暇にならないゲームシステムですね。
MMO自体初心者の方は、初めてのキャラクターでプリーストやエレメンタリストは選ばない方が得策でしょう。

5_20110309003910.jpg

最後に記念撮影をして終了。
このあとフリートークとして、LEADERからうしPへの質問やその逆などがありました。
LEADER側からは、既にTwetterでももう出ている要望を改めて直接言った、という感じでした。
うしPからの質問は現時点でLEADERたちがプレイしているMMOがどんなものか、など。
これといって目ぼしい情報はなかったと思います。

私からは、TERA LEADERのスタッフ採用についての質問をしました。
やはりまだ詳細は全く決まっていないようです。
ただスタッフ採用自体は絶対にやるとのこと。
そしてしっかりやる、つまり「TERA LEADERでがんばってくれてるから~」などとナァナァな感じではなく、しっかり採用を行うとのことでした。
また、はじめはTERA DAYなどのイベントでのアルバイトスタッフとして募集をかけるかもしれない、とも仰っていました。
スタッフ採用を狙っているLEADERさんはそのあたり要チェックですね。

ではでは、遅れレポートで申し訳ありませんでしたが、TERA DAYレポはこれで終わりです。
今後はまた何かネタを搾り出して更新します(゜ω゜)

| 情報 | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TERA DAYレポ その2

更新遅くてすみません;w;
今回はスクリーンショット多目です。
画像をクリックすると最大サイズで表示します。

【ソロプレイ】
キャラメイクのあとはソロプレイ。
最初に降り立つフィールドから、時間の許す限り各自自由にメインクエストやサブクエスト、散策などを行う時間でした。
私はさほど移動せずに受けられるクエストのみ行い、そのあとはクエストは無視して適当にマップを回ったりしていました。
まだ馬など移動手段もないので、歩き回るだけでもかなり時間を使ってしまい、あまり見て回れませんでしたが…

1_20110302233139.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg


↓ 戦闘 ↓
2_20110302233138.jpg

3_20110302233138.jpg


公式やサテライトに出ていた動画、韓国プレイ動画などを見ていて「ちょっと動きがもっさりしてないか」なんて不安でしたが、その不安は払拭されました。
実際に操作してみると、キーを押してから動きに反映されるまでのレスポンスは非常に良かったです。

"もっさり"というのは、動きの流れとか見え方に不自然さが出ないよう、たとえば走っている途中でジャンプキーを押しても走りのモーションがキリのいいところまで終わって初めてジャンプが反映される、といったもので、キーを押した瞬間に反応してくれないため "もっさりしている" なんて言われます。
そのもっさり感がTERAにはありません。
オフラインのRPGなどでは、見た目を重視してたとえもっさりしていてもそういった手法を取り入れることが多いです。
しかしオンラインゲームではレベル上げにしてもなんにしても、同じような動作を長く続けることが多いため、そのもっさり感が非常に苦痛となります。

TERAは見た目に反してもっさり感はなく、動作でストレスを覚えることはほとんどなさそうです。

何回もっさりって書いたかな…


それからマーキングもあるようです。

8.jpg

9.jpg

AIONなどやった経験のある方はすぐに想像ができるかと思います。
PTプレイにおいて、多くの場合は敵の攻撃を一身に受ける役目(タンク)の人が最初に敵に攻撃をします。
そのとき "たくさん敵がいる中でどの敵を攻撃するのか" を指し示すとき使うのがマーキングです。
TERAでは上のスクリーンショットのように、赤・黄・青のしるしをモンスターに付けられるようですね。
×マークはどうなるのか試してなかった…マークの消去だと思いますが…
他の方のブログに載ってたりするかな?

ちなみにPTを組んでいる状態だとPTリーダーのみがこのマークをつけられます。

エイム(中央にあるターゲットマーク)を敵に合わせてQキーを押すとどのマークを付けるのかのメニューが表示され、マウスを上下左右に動かして選択しクリックで決定することでそのマークをつけることができました。

TERAのフリーターゲッティングシステムでは敵が密集していない場所や序盤は必要ない機能かもしれませんが、レベルが高くなってくるとこのマーキングが生死を分けることもあるかもしれません。
せっかくある機能なので、積極的に使っていきたいですね。

では今回はここまで。
次回はPTプレイ体験についてです。

| 情報 | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TERA DAYレポ その1

2/26 午前の部 TERA DAY 参加してまいりました!
早速レポいきます。

【入場】

会場ビル1階ロビーにてスタッフの方にHangameIDを言い、時間までロビーにて待機。
スタッフさんの声がめっちゃ小さくて聞こえにくかったです。
時間になると23階へ入場。
体験会を行う部屋へ案内されました。
机の配置は

__________________
        前

M 1 2 11   12 13 14 15
3 4 5 16   17 18 19 20
6 7 8 21   22 23 24 25
9 10
__________________

左上のMはGMさんの席です。
このように番号が振ってあり、PTプレイ体験時には番号順に5人ずつでPT構成…
の予定だったそうですが人数が若干少なく、席移動などして対応していました。


【序盤】

まず全体の流れを説明。

うしPトーク

GMデモプレイ(5分)

キャラ作成体験(30分)

ソロプレイ体験(30分)

PTプレイ体験(60分)

フリートーク(30分)

といった流れです。
まずうしPこと潮田プロデューサーが簡単なゲーム紹介と「顔の見える運営」や意気込みについてスピーチ。
といっても堅苦しいものではなく、イベント終始かなり和やかな雰囲気でした。

・運営とユーザーとのすれ違いをなくすため、運営サイドはできるだけ「やりたいこと」「考えていること」を伝えていく=「顔の見える運営」

・快適なプレイ環境 不正行為、迷惑行為の撲滅

このようなことをスピーチで言っていました。
不正行為や迷惑行為の撲滅は運営として当たり前のやるべきことですが、顔の見える運営を今後もぜひ頑張って続けていって欲しいと思います。

【デモプレイ・キャラクター作成体験】

GM Rafyさんのデモプレイ…はテラチャンネルでも放送されてたのと同じ感じでした。
デモプレイをしながら、基本的な操作方法をうしPが解説するといった形式。

キャラクター作成画面のスクリーンショットが撮れなかったのでSSがありませんorz
申し訳ないです。
加えて私が使っていたPCからは音が出てなかったり、席移動したりでかなり時間をとられました。
本当は色々な種族の作成画面を見てみたかったのですが、SSを撮れないこと、時間をとられてしまったことにより、エリーンのソーサラーにてさほど細かくパラメータをいじらずに作成。

ただパラメータと言っても体型は種族で固定なので、細かくいじれるのは顔だけ。
AIONやパーフェクトワールドのようにキャラ作成に2時間も3時間もかかる、なんてことはTERAでは起きないかと思います。

そのまま時間を区切らずにソロプレイ体験になるので、キャラ作成を早くすませればそれだけソロプレイする時間も増えるというしくみです。

私が作成したキャラはこんな感じ。

3_20110227134610.jpg

2_20110227134610.jpg

1_20110227134610.jpg


エリーンの場合、目が大きくてかわいらしいのが印象的ですが、戦闘時には目を少し細めるので縦が作成時の2/3~3/4くらいになります
キリッとした目にしたい場合でも縦幅を小さくしすぎると戦闘時に糸目になってしまうかもしれません。
目のパラメータ調整の際は、細めることを考慮しながら作成したほうが良さそうです。


とりあえず今回はここまで。
次回はソロプレイのレポートを書きます。

| 情報 | 13:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本暫定スケジュール!

きましたね、デベロッパーブログよりTERA日本サービスの暫定スケジュールが出ました。

デベロッパーブログ

2月下旬、3月下旬にて東京本社でTERAリーダー向け体験会(抽選)。
3月の方はリーダーとその友達も参加できるそうですね。
4月以降は一般向け体験会を順次開催していくみたいです。

そして夏に、発表、クローズドβ、オープンβを行うそうです。
暫定ながら、やっと発表が出ましたね。
ほんtttttっと待ってました。

課金体系はまだ発表できないみたいですが、「お客様の呟きを見ている限りでは変な発表にはならないと思う」と書いてあるので、恐らく月額課金もしくは月額課金+アイテム課金になる可能性が高いと思います。
いやまぁわかりませんが( ゚д゚ )

せっかく東京住みなので、もちろん体験会には応募するつもりです。
というかNHN本社行ったことありますしね( ゚д゚ )
いい思い出はあまりないですけどね( ゚д゚ )
2011新卒の会社説明会開始前に既にスライドでTERAのムービー流れててめっちゃみなぎりました
まぁその後無事お祈りメールを頂いたのですが( ゚д゚ )


もし当選して、スクリーンショットや動画などを持って帰れれば、当ブログの記事でもどんどん載せていきたいと思います。

最近忙しくてTERA_JPのハッシュやブログ巡り、TL同士の情報交換などになかなか参加できてませんが、リーダー剥奪されないようにこのブログも頑張っていきたいと思います(´・ω・`)

| 情報 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。