ツインテール

TERA The Exiled Realm of Arborea のブログです

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

公式動画UP・メディア向け先行体験会

まず、12/20に公式ティザーサイトへ新しい動画がUPされました。

公式ティザーサイト

ネット回線の遅い方は4Gamersに掲載されたものの方が軽いので見やすいかもです。

4Gamers

内容は、TERAの舞台となる世界「アルボレア」の歴史、そして私たちプレイヤーが何と戦っていくのか、というものです。
まとめると…

"光"と"闇"の戦争が続く中、2人の"太古神"が自らの隠れ家として、世界"アルボレア"を創造する。
生命のなかったアルボレアに、太古神は自分の肉体を犠牲にして生命をつくる。
そこから、現在の"種族"(ヒューマン、キャスタニック、ハイエルフなど)の創造主にあたる"神々"が生まれる。
それぞれの種族の師、そして指導者として、神々は多くの知識を種族たちに伝授した。
そんなアルボレアの平和は、いつ、なぜ始まったかのかも定かでない、神々同士の戦争によって壊される。
長く続いた戦争は"太陽神バルダー"の仲裁により終結。
多くの種族や神々の犠牲、そして戦闘に使用された野蛮生物 "モンスター"が残された。

太古神の宝の力を受けた太陽神バルダーは戦争を仲裁し、アルボレアを再整備。
新たに"神界"をつくり、神々がまた同じ過ちを繰り返さないよう、神々を神界へ移住させた。
しかしバルダーは、信頼していた兄弟神ロックの裏切りにより、殺害される。

バルダーの死により世界のバランスは崩れ、再び神々の戦争が始まる。
この戦争はロックの死により終結する。
ロックの最後の足掻きにより神界の扉は閉じられ、神々の多くが力を失い地上で孤立する。

長きにわたる戦争が終わると、アルボレア北部にて新たなる脅威が現れる。
神々さえ見たことがない武器・魔法を繰る"アルゴン"。
彼らはただ破壊と侵略だけを日常とし、傍若無人に北部を制圧した。
第一次アルゴン戦争と呼ばれる。
この未知の恐怖に立ち向かうため、未だ抗争を続けていた地上の種族たちの中で意志ある者が集い、"ヴァルキオン連合"を発足。
これはアルゴンへ立ち向かう過程で役割が次第に大きくなり、のちに世界政府となる。

ヴァルキオン連合がアルゴンの主力部隊を打ち破ることにより戦争は終結したが、大きな犠牲を伴い、アルゴンの完全追放には失敗してしまう。
一時的な対立状態を経て、お互い力を蓄え直した両者は、近い未来また争乱を起こすであろう。


少し長くなりましたが…
そこからプレイヤーはヴァルキオン連合の新米兵士として、アルゴンに立ち向かう道を歩み始めることになるようです。



そして、同日12/20にメディア向けの先行体験会も行われたようです。
4Gamersに既にスクリーンショット・プレイ動画付きで速報記事が掲載されています。

4Gamers

エリーンはキャラメイク次第でキュートにもブサイクにもなることがわかりました m9(^Д^)
プレイ動画ではアーチャーなのに敵の真正面から大して回避もせず矢を撃ち続けている様子が印象的です。
きっと先行体験会ということで興奮していたんでしょうけど、TERA LEADERとしてじゃなくいちプレイヤーとして言わせていただくと…正直ああいうプレイヤーとはあまりPTを組みたくないですね^q^;
アーチャーってことは防御低いんだろうし、余計なダメージはヒーラーさんに迷惑かかっちゃうからあそこまで近づかれたら逃げようよ^q^

さておき、スクリーンショットでもローカライズされたクエストを散見できます。
かなり現実味が出てきましたね。
ユーザーを手放さないよう、情報を小出しにしてくるNHNが憎い。

TERA楽しみだ!エリーン愛してゆ!!(*′д`人)☆+。゚
スポンサーサイト

| 情報 | 02:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。